エアー断震システムとは?

地震が発生した時、
空気の力で家を浮かせ
地震から家と家族を守ります。



神奈川県秦野市の工務店・奥松建築の注文住宅の特徴であるエアー断震システム(AIR断震システム)は地震発生から約0.5秒~1秒程で空気タンクに貯蔵してある空気を人工地盤と基礎の間に瞬時に送り込み、家を浮かせることができます。

建物と実際に揺れている面は切り離されるため、建物自体はもちろん、建物の中に居る人や財産も地震の影響をほとんど受けずに済みます。
東日本大震災の時、関東地方にお住いのお客様の家では猫が寝ていたというくらい、揺れをほとんど感じられなかったそうで、エアー断震システムの耐震、免震を超える地震対策にご満足いただけました。

設置費用に関してもエアー断震システムは一般的な耐震システムや免震システムに比べ安価となっており、ローコストで安全な地震対策を建物に設置することができます。

通常は一般家庭用電源から電力を利用しますが、停電などの非常時は自動的にバッテリーへ電源が切り替わりますの、停電で動かないという心配はございません。

東日本大震災での実績

エアー断震のしくみ

エアー断震システムのしくみ

エアー断震システムは地震の揺れを感知すると、瞬時に空気の力によって家が宙に浮き、地震の揺れを建物に伝えづらくするため、震度7の地震で揺れを1/30に軽減するため、命の危険を伴う深刻な地震から大切なものを守る最強の地震対策です。

01.地震発生
地震センサーが震度3以上の地震を感知すると、地震センサーコントローラーが稼働します。(稼働する震度の設定の変更は可能です)
地震発生から約0.5秒~1秒で空気が送られます。
また、P波センサーを接続して大きな地震が来る前に建物を浮かせてしまうことも可能です。
02.空気を送り込む
地震センサーコントローラーが稼働したと同時にコンプレッサーも稼働し始め、エアタンクから一気に建物基礎と人口地盤の間に空気を送り込みます。
03.家を浮かせる
浮上エア供給装置によって吹出し口から空気が一気に噴出されて、地盤と建物基礎の間に空気層ができ、家が浮上します。

※ 家が宙に浮く映像をご覧いただけます。実際の映像でご覧いただくことで、耐震、免震を超える最強の地震対策であるエアー断震システムをご理解いただきやすいかと思います。ぜひ、ご覧くださいませ。
宙に浮く家

エアー断震システムの特徴を映像でご覧いただくことで、耐震、免震を超える地震対策の特徴と効果がよくご理解いただけます。
震度7の地震が起こったときのシュミレーション映像です。どのくらい軽減できるものなのか。是非、ご覧ください。
04.位置を戻す
地震の揺れが収まると、今度は位置修正装置に空気が送られて調整しながら正しい位置に戻していきます。
正しい位置に家が戻ると再び地震センサーが監視を始め、地震の発生に備えます。

エアー断震システムの特徴

Point 1. 震度7の揺れを1/30に軽減 (阪神淡路大震災相当の揺れの場合)
エアー断震システムは、阪神淡路大震災相当の揺れであれば1/30以下に軽減します。これは従来の免震装置の倍以上の性能で、耐震、免震を超える最強の地震対策といっても過言ではありません。
この効果は関東職業能力開発大学校研究室において振動実験を行い、実証済みです。
Point 2. 免震装置の約1/3の施工費用
AIR断震システム(エアー断震システム)の施工費用の目安は、導入する住宅によって変動いたしますが、従来の免震装置の約1/3で抑えることができます。 制震装置が約200万円、耐震装置が約100万円すると、AIR断震はこれまでの地震対策より高次元の地震対策効果と比較的設置しやすい費用を両立しています。
また「2×4」「2×6」等をはじめ、様々な戸建住宅に対応しており3階建住宅にも導入できます。
Point 3. 工法を選ばないため、ほとんどの木造建築住宅に設置できます
エアー断震システムは、木造軸組工法・2×4・2×6など推奨構造は、木造及び木質住宅に限定しています。
鉄骨SRC・RC造などの大型案件については、現段階では推奨しておりません。木造住宅であれば、平屋及び3階建住宅まで対応しています。
Point 4. 年1回の定期点検を担当者が必ず行います
エアー断震システムは、お手入れや保守の煩わしさがありません
地震後空気の補充は自動でコンプレッサーによりタンクに補充されます。
もちろん年に1回程度、担当社員が点検に伺います。ただし部品交換や専門メンテナンスは有料工事になります。

資料請求
問い合わせ